会津赤べこ会 事務所 〒162-0843 東京都新宿区市谷田町1-1 ATビル8階    Tel 03-5261-0102,Fax 03-6411-5460, Mail:akabeko@aizu.or.jp
  1. ホーム
  2. 会津よもやの故郷プロジェクト
 

会津よもやの故郷プロジェクト

会津に第二の故郷を持ちましょう!


 首都圏ではいつ大地震が起こるかわかりません
大地震が起きた時、家族を含めあなたは暫くの間今の場所には住めないでしょう。その時、会津の市町村はあなたが一時的に(6ケ月以内)生活する所を責任を持っ
て確保します。よもやの時の故郷作りです。

 大地震に備えた“よもや”の地が第二の故郷に
大震災時の一時的移住先を確保すると、あなたはきっとその地に行ってみたくなるでしょう。
会津の市町村はそれを歓迎し、支援します。そして何度か足を運んで頂くうちに、あなたは会津の自然と土地柄を好きになるに違いありません。第二の故郷の始まりです。会津の市町村は、“よもやの故郷会員”となったあなたに、会津の豊かで魅力的な情報・お誘いを定期的に提供します。

 赤べこ会に申し込んで下さい
申し込みを頂いたら、会津赤べこ会は、会津の市町村からの紹介等を受け、宿泊施設を有する団体・個人のいずれかに、大震災時のあなたの住む所を確保するための打診と調整をします。その住居候補は、現在はホテル・旅館であったり、民宿であったり、又は公共宿泊施設あるいは空き校舎、空き家であったりと色々ですが、それらの中からあなたが気に入った所を選定します。
そして、あなたとその施設管理者は大震災時の受け入れ覚え書を結びます。
 お申し込みは こちら (pdfファイル)をご利用ください.

 実質の年間費用は2,000円です
覚え書締結の際、あなたには赤べこ会に年間保障費5,000円をお支払い頂きます。
もし大震災が1年間起きなかったら、赤べこ会はその市町村の特産品3,000円相当を、あなたに無償でお送りします。
これまでにご契約をいただいた皆さんには、幸いに被災されずに済みましたので、写真のような会津特産の新米をお届けしました。一年契約ですので継続される場合は新たに覚え書を結んで下さい。選定先の変更も可能です。

 
平成26年度(5Kgx1)
 
平成25年度(5Kgx1)
 
 
平成24年度(6Kgx1) 平成23年度(6Kgx1) 平成22年度(2Kgx3)

現在受け入れの宿泊地域

・会津美里町
      新鶴温泉ほっとぴあ新鶴
・喜多方市 熱塩温泉 ・下郷町 湯野上温泉
・会津若松市 芦ノ牧温泉 ・猪苗代町 中ノ沢温泉 ・北塩原村 裏磐梯大塩温泉
・会津若松市 東山温泉    
     
(平成27年6月現在)